【SUP・長野県】青木湖 ライジングフィールド白馬でSUPキャンプ

こんにちは。

先週末は、直前で運良くライジングフィールド白馬の予約が取れたのでSUPキャンプに行ってきました。

なかなか天気も読みづらく、週末の天気が心配ではありましたが予想通り良い天気に恵まれ、最高のSUPキャンプとなりました。

2日間思いっきりSUPを楽しめました。

大人気のライジングフィールド

青木湖周辺のキャンプ場の中では一番人気があるのが、ライジングフィールド白馬じゃないのかな?と思います。

理由はネット予約に対応している事と、ホームページなどもしっかりしていることが挙げられると思います。敷地内の旧ホテルの大浴場を使えるというのもポイントですね。SNSでの投稿も多く、青木湖でキャンプと言えばライジングフィールドという方も多いのでは?

昨年私たちは青木湖キャンプ場というところでキャンプをしましたが、コチラも非常に良かったですよ!一部ネットなどでは青木湖キャンプ場の口コミはヒドイものがありますが、個人的には全く問題ないと感じましたけどね。青木湖キャンプ場のレポートはコチラ

青木湖周辺のキャンプ場はドコも湖にとても近くて、SUPやSAUNAをするには最高の環境ではあります。ロケーションは最高です!

ライジングフィールド白馬の残念ポイントは、おそらく多くの人が感じるであろう「トイレ」の問題と思います。

トイレがホテルの客室の一部を利用しているという非常にトリッキーな構造です。要するに普通のトイレが無いんですね。

もともとホテルの客室だった部屋に付いているトイレを使用するという特殊構造のため、かなり使い勝手が悪いなと感じました。

あとは、、、やはり周辺のキャンプ場に比べるとやや料金的には割高感があります。キャンプサイトの料金の他に入場料(大人550円、子供330円)がかかり、更にSUPやカヤックを持ち込んだ場合は持ち込み料として1台500円を徴収されます。コレはかなりマイナスですね。

今回はオートサイトフィールドに宿泊しましたが、広さも十分にあり問題はありませんでしたがサイト全体的に細かい砂利が敷かれていて、かなり地面が硬いので「鍛造ペグ」がないとテント設営ができません。

ジュラルミンペグはほぼ役に立ちませんので、かならず鍛造ペグが必要ですね。

青木湖でのSUPは初心者でも安心

やはり湖はSUP初心者には優しいです。

今回は2日間とも天気も良く、風もほぼ無風という最高のコンディションでありましたので、子供達だけでも十分楽しめるコンディションでした。

このように良いコンディションの時であれば、しっかりライフジャケットを着ていればドボンしても気持ちよく楽しめますね。

こういう良いコンディションの時には子供だけでも、どんどん漕がせてあげています。なかなか海や川などでは子供だけでは難しいけど、風が無い湖ではある程度リスクも低いという判断をしています。

SUPに乗って、ターザンロープポイントへ

青木湖にはSUPでしかいけないターザンロープで遊べるポイントがいくつかあります。

今回は2か所ご紹介します。

①赤いラインのポイント

こちらはどちらかというと上級者向け。かなり飛べます!

少し湖畔を登らなければいけないのですが、ここが結構滑るので注意が必要です。

スミマセン!写真撮り忘れました。。。

②青いラインのポイント

こちらは、子供でも楽しめるポイントです。ターザンロープは2本あります。

こちらの「浮き」が付いているロープは子供も遊びやすいです。

ブランコのように漕ぐだけでも楽しめます。

ターザンロープは2本ありますので、大人も子供も楽しめます。

映像

キャンプで1泊するなら、朝SUPしなきゃ

せっかくキャンプで宿泊するのなら、夜は早めに寝て、すこし早起きをして朝SUPをオススメします!

朝の静かな湖でのSUPはキャンプならではの楽しみですね。

早い方だと朝5時過ぎから湖に出ているようです。

写真からでも、なんというか空気の澄んだ朝の雰囲気が伝わるかな。

朝SUPをするなら、コーヒーも忘れずに! せっかくなら豆から挽いて、丁寧にドリップして水筒などに入れて持って行くのがいいですね。

これは、なかなか贅沢な時間です。

朝は比較的風も穏やかで、のんびりコーヒーを飲むには最高の環境です。

日中に比べると水も澄んでいて本当に綺麗です。

今回はSUP初心者ファミリーと一緒に行きましたが、2日間ですっかりSUPにハマッてしまったようです。

マイSUPを購入したら、まずは青木湖から始めてみるのがいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA