【キャンプ・愛知県】小幡緑地キャンプ場 キャンプサイト編

こんにちは。

ヤネル編に続いて、キャンプサイト編になります。

名古屋市内でCAMPができるということで、小幡緑地のキャンプサイトはなかなか需要がありそうですね。

ただし、レンタルなどは無くテントなどは全て持ち込みになりますので、道具を持っていない方には少しハードルが高くなります。

小幡緑地:オバッタベッタ ヤネルキャンプ場予約

キャンプサイト

キャンプサイトは全部で10区画ありますが、大まかに分けると1番~5番の林間サイトと6番~10番の芝生サイトの2つのサイトに分かれます。

キャンプサイトの大きさは10m×10mの100㎡ありますので、なかなか広めです。

ドームテント×2とタープ×1くらいであれば設営できる広さです。

①~⑤サイト(林間サイト)

  • 地面のコンディションは硬めの土&石 ペグは鍛造ペグがおススメ!
  • サイトにより若干の傾斜あり
  • 特に1番サイトはかなり奥まっているので荷物運びが大変です。(半面、プライベート感もあり良い面でもある)

⑥~⑩サイト(芝生サイト)

  • 地面は林間サイトに比べると柔らかめですが、サイトにより硬めの土もあります。
  • サイトはフラットですが、雨が降った後など水はけが悪い部分もあり。
  • 目の前にみんなが通り大きな通路がありますので、みなさんの注目を浴びながらのキャンプになります(笑)
  • 駐車場からの荷物の運搬はこちらのサイトのほうが楽です。

トイレと炊事場

ヤネルと同様、トイレも炊事場も綺麗です。

ただし、キャンプ場のトイレは男女兼用で1か所のみなので、、気になる女性の方はヤネルのトイレも利用ができますので、そちらを利用することも可能です。

キャンプサイトにトイレは1か所しかありませんが、ヤネルのトイレも利用できますし 小幡緑地の公園のトイレも利用できますので 朝など混雑する時間帯にはキャンプ場以外のトイレもありますので焦らずに!

炭の処理とゴミの処理

BBQや焚火をした後の燃え残った炭や薪の処理については現状「炭捨て場」は無いので、管理棟でバケツを借りてそちらに炭を入れて係の方に渡せば処理をしてもらえます。

ゴミの処理についてはチェックインの際にゴミ袋を2枚(可燃と不燃)をもらえますので、分別しておけばチェックアウトの際に処理をしていただけるそうです。

売店で買えるもの

炭 3キロ 500円薪 1束 1000円
歯ブラシ 100円マッチ 100円
バスタオル 1000円フェイスタオル 300円
虫よけ 800円と600円

売店はありますが、取り扱いは限定的で色々と扱っているというわけではありません。

キャンプ場から徒歩で5~10分程度(車なら1~2分)でファミリーマートがあるので、急遽必要になったものなどはコンビニで買ったほうがいいかもしれませんね。

お風呂

ヤネル宿泊の場合は無料のシャワーが使えますが、テントサイト宿泊の場合はシャワーが使えません。

お風呂はキャンプ場のすぐ近くに竜泉寺の湯 守山本店がありますので、こちらを利用することになります。

車で5分もあれば到着します。

サウナについてもぜひ楽しんでほしいですね。特筆すべきは外気浴のためのトトノイ椅子が充実しており サウナ→水風呂→外気浴のルーティーンをストレスなく楽しめます。

また、1時間毎(毎時00分)に自動ロウリュウがありますのでこちらもぜひチャレンジしてみてください。

熟練のサウナーも満足できるかなりの熱波をあびることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA