Snowpeak Special Meeting

こんにちは。

先週は大阪・箕面にあるSnowpeak箕面キャンプフィールドへ行ってきました。

箕面までは名古屋から高速使って2時間ちょっとなので、、意外と近いですね。

実は今年、ブラックカード会員になっていまして。。。

初めてSnowpeak主催のキャンプイベントに参加することになりました。

special meeting とは?

簡単に言うとBLACKカード会員以上のユーザーのみ対象の来年の新商品展示会と受注会を行うイベントです。

カタログなどが出来上がるちょっと前に先行で商品をチェックできるのは、Snowpeak好きのキャンパーには嬉しいイベントです。

展示会は撮影禁止なので、新商品の写真などはありません。。。

新しいテントやIGTの拡張システムなど、新商品は20品番ほどあったかと思います。

まもなくカタログもリリースされますので、詳しくはカタログ到着をお楽しみに。

Snowpeakだらけのキャンプ場

今回のイベントはブラックカード会員以上限定なので、当日キャンプ場に宿泊されている方は全てSnowpeakのヘビーユーザーばかりなので、みなさんすごい装備で、、全てSnowpeak製品で揃えている方ばかりです。

ぐるっとキャンプ場を散歩してみましたが、圧倒的にランドロックを使用している方が多いです。

感覚的には半分くらいの方がランドロックだったんじゃないかな?という感じです。

特に先月の雪峰祭で発売されたレッドフレームの限定品をたくさん見ました。

トルテュProに薪ストーブをインストール

我が家は相変わらず、いまだに廃盤になったトルテュPROを使ってるワケですが、、、

個人的にはトルテュProがSnowpeakの2ルームテントの中では歴代で最高にカッコイイと思っています。

やっぱりランドロックよりトルテュが好きですね。

この前 購入したMt.SUMIのAURAをテント内で使用するため、テントサイドの出入り口に帆布で作った幕を取り付けて、煙突をストレートに抜けるようにしてみました。

どうでしょう。

写真で見ると、なかなかキレイにハマッているように見えますね。

煙突にも断熱加工はしましたが、幕自体にもほとんどダメージ(焦げるとか燃えるとか・・)は無く、熱も逃げずに幕内はかなり暖かく保つことができました。

近くで見るとピタッ!とくっついているわけでは無いので、若干の隙間はできていますが 風が吹き込んで寒いということもほぼなく適度に換気されてちょうどいいのかなという感じです(笑)

幕の内部はこのような感じです。

煙突と接する部分のみ難燃素材の生地を使用して、穴をあけて煙突を抜いています。

製作には少々手間はかかりますが、トルテュPro本体へのダメージを与えず 薪ストーブの煙突をストレートに出すことができるのでコレはなかなかイイ作品なんじゃないかと思っています。

仲の良いSnowpeakの社員の方にも見ていただき、ちょっと改善のアドバイスももらったので、また今度アップデートさせたいなと考えています。

薪ストーブ料理

当日はなかなか寒くて、夜は0℃くらいまで気温が下がったのですが、薪ストーブのおかげでとっても暖かく快適に過ごせました。

テントに薪ストーブをインストールできると、のんびりとテント内でオーブン料理が楽しめるのがいいですね!

トマトのグリル(アンチョビ&チーズ)はほんとに簡単だけど、めちゃくちゃウマイ&ビールがすすむ

チキンのグリル

定番だけどおいしいですね。

薪ストーブの中でオーブン料理やピザもいいけど、ストーブの上でじっくり煮込み料理もコレまた最高です。

キャンプの楽しみが広がります。

プレゼント貰いました。

今回のSpecialMeeting参加者には非売品の缶クーラーがプレゼントされました。

安定のSnowpeakクオリティーで非常に良い仕上がりです。

ありがとうございました。

会員制度の改定などで、いろいろと炎上したりもしていますが笑 引き続きSnowpeakを応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です