SnowPeakWayin中部2ndに参加してきました!

こんにちは。

先日、SnoePeakWayに当選したとブログでご紹介しましたが、今回はイベントの様子をレポートします。

東海地方はまさかの梅雨が2週間という異例の短さで、6月末から真夏のような天気ですね☀

そんな天気の中7月2日~3日の1泊2日でSnowPeakWayに参加してきました。

今回の会場は滋賀県・マキノ高原キャンプ場です。

キャンプ場に到着!

今回のSnowPeakWayの会場はフリーサイトという事で、早めに行かないといい場所空いてないかなーと思ってちょっと早めに家を出ました。

受付が9時からという事だったので、9時到着を目指して出発しましたが、実際到着したのが9時15分くらいでしたが、もうすでに受付には大勢の人が並んでいました。。。

ほとんどの方が9時前には現地に到着して、並んでいたようです。みなさんSnowPeakWayということでかなりはりきって早くから来ているようですね。区画サイトの場合はこんなに早く来なくてもいいかもしれませんが、フリーサイトの場合はやっぱり早いほうが自分の好きな場所選べるし、色々とメリットありますからね。次回はもうちょい早く来よう!

この日も天気が良くて朝9時でもすでに気温は30度を超えていて、とっても暑かったです。。

受付を済ませて、キャンプ場の利用料を支払いをしたらネックピースの名札を作成します。

名札に色々とアイコンシールだったり、自分の好きなギアやキャンプ場などを記入しておくとイベント中のコミニュケーションの際の話のネタにもなりますね。

無事に設営完了!

フリーサイトなので、いろいろとフィールドの空いている所を探そうと思ったら・・・

意外と良いところがすぐに見つかったので、早速設営開始!

マキノ高原のフリーサイトは元々スキー場の初心者用ゲレンデだったところなので、完全にフラットな面があまりないです。そのため出来るだけフラットな場所を探しての設営となりました。

今回はトルテュPROとレクタLのセットです。

やっぱり夏場は日影が多く、有効面積の広いレクタが最高に調子イイと思うんですが・・・実際にSnowPeakWayの現場では圧倒的にヘキサエヴォを使っている方が多かったように思います。

確かにヘキサエヴォは見た目もカッコイイですからね。

メイン会場からはフリーサイトを見下ろすことができ、SnowPeakのテントだらけのサイトは圧巻です。

それにしてもこの日は本当に暑かった~。設営しただけで汗だくで、持ってきた飲み物が足りなくなるんじゃないかと早くも心配になるレベルでした。

お昼ご飯は簡単に冷凍の焼きおにぎりと家で仕込んできた焼き鳥をちょっと焼くだけ。

いよいよ開会式とイベント開始

お昼ご飯を食べたらいよいよ開会式。

炎天下の猛暑日なのにSnowPeakスタッフの方はみんな黒いTシャツでした。暑くて大変だろうから、夏は白にすればいいのに、、といらん心配をしてしまいました。

無事に焚火に点火がされてイベントスタートです。

とりあえず、みなさん サントリーの無料サンプリングに並んで飲み物を貰っていました(笑)

COFFEEコーナーもありました。

1杯1杯ドリップするので時間はかかりますよ。もちろんアイスコーヒーにも対応してくれています。

スターバックスのコーヒーなので味は申し分なし。

アイスキャラメルラテが美味しかったな~。子供用にゆずジュースもありました。

ワークショップでカップスリーブ作り

受付の時にワークショップの時間指定をされるので、指定の時間になったらメイン会場へ。

マイカップに取り付けるためのスリーブを作ります。

マジックを使って、自分の好きなようにデザインをして色を塗っていきます。

色をフル活用して、派手派手なスリーブになりました。

時間があったのでキッズ焚火体験にも参加。

焚火をするときの注意事項などを教えてもらって、実際に着火剤を使って火をつけてみるというイベント。うちの子は普段からやっているので、、アレですけど、、せっかくなのでね。

とりあえず楽しそうにやってたので良かったです。

とりあえず、日中のイベントはこれで終わりにして夕食前に早めにお風呂に行き、焚火トークに備えました。マキノキャンプ場はキャンプ場内に「さらさの湯」という温泉があるので昼間からビールを飲んでも問題なし!すぐにお風呂に入れるというのはポイント高いですね。

長くなってしまったので夜のイベント焚火トークと翌日の紙飛行機大会については次回のブログで紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA