【SUP】SOUYUSTICK 2021モデル

こんにちは。

我が家ではSOUYUSTICKのSUPを使っているのですが、2020年モデルが2台と2021年モデルが1台となっています。

2021年モデルって何が変わったの?とか、良くなった点、悪くなった点は?など質問されることもあるので簡単にレビューしてみたいと思います。

全ラインナップはSOUYUSTICKのHPをチェックしてください!

2021年モデルと2020年モデル比較

我が家で使用しているのが写真の3台になります。

  • 2020年 TRAVELLER
  • 2020年 DRIFTER
  • 2021年 VINTAJEAN(SKYWALK限定モデル)

素材の違いだけで言うと、TRAVELLERとVINTAJEANは「ウルトラライトレイヤー」を使用していて、DRIFTERは「ライトレイヤー」を使用しています。

ウルトラライトレイヤーは軽量化のため、生地の強度も若干落ちるようですが、、使用している感じではほとんど分かりません。

岩場などで擦ったりしてもそんなに簡単に破れることは無いですし、そこまで神経質になることもないのかなと。

どちらかというと軽量で持ちやすいことと、撤収の際に畳むのが楽ですね。

ウルトラライトレイヤーのSUPは生地も柔らかい感じがして、非常に畳みやすいです。

2021年モデルのVINTAJEANにはクージーがついていてドリンクを置くことができたり、、まぁあまりSUPの機能にはあまり影響がないレベルのアップデートです。

2021年のパドル

2021年の一番の変更点・アップグレードはコレです!

 

写真左が2021年モデルに標準装備されている「カーボンパドル」です。

写真右が2020年モデルに標準装備のパドルです。

2020年モデルしか使っていないときには「こんなもんか」と思って普通に使用していたわけですが、、

カーボンパドルを使ってみてびっくり!!これはイイ!全然違う!!というのがすぐわかりました。

2021年は定価も若干UPしましたが、このパドルが標準でついているのなら全然アリです。

カーボンパドルを使ったことがない人にはぜひ使ってみて欲しいですね。ブレード(水をかく部分)の形状もアップグレードされて本当に使いやすくなってます。

やっぱり2020年モデルのパドルを使うと「重い・・・」って感じてしまいます。一度カーボンパドルを使ってしまうと、古いパドルには戻れません。。。

SUPを始めたばかりの頃などはなかなかパドルまで気が回らないかもしれませんが、パドルの違いは一番ハッキリわかりますしそれほど経験がない人でもその違いがモロにわかります。

2022年も引き続きカーボンパドルが標準でセットされるようなので検討中の方は、ぜひ参考にしてください。。

2022年モデルは付属のケースがスースケースタイプにアップグレードされるようです。楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA